へたれどらむ&へたれどらまー

アクセスカウンタ

zoom RSS 12人の優しい日本人

<<   作成日時 : 2009/01/07 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


12人の優しい日本人 [DVD]
パイオニアLDC
2000-10-25

ユーザレビュー:
日本の裁判員制度導入 ...
とにかく面白いとにか ...
人が裁くということ・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


今年から執行される陪審員制度をあたかも予言したかのような作品。

でも三谷さんらしく、まるで舞台をみてるような雰囲気を味わうことが出来る素晴らしいものでした。

特に被告人や被害者などは全く出てこないのに、次々に話が膨れ上がっていく展開の仕方はどんどん引き込まれてしまいました。

また、出てくるセットも話し合いをした部屋とその周りにある廊下やトイレなど本当に狭い範囲の空間だけ。

それなのにあれだけ物語が進んでいくというのは、本当に凄いなと…


ただこの作品を見て、実際に行われる陪審員制度に日本人は後ろ向きで、殆どの人が欠席したがっている現実。

また、なんとなくやフィーリングで根拠のない発言も、実際起こりそうな発言の弱さだなと改めて実感した気がしました。

この作品には、人によっては小学校の話合いの授業のように激しく時には涙を出しながら怒りをぶつける発言もあったりするのですが、実際にそこまで真剣に話合いを求める人なんているのでしょうか…?

むしろ小学生が判決のために授業の一環として話し合った方が、ちゃんとした裁決が出来るのではないかと思ってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12人の優しい日本人 へたれどらむ&へたれどらまー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる